副業でせどりをする人が増えている

せどりとはなんでしょうか。せどりとは買った価格と売った価格の差益で稼ぐ方法です。難しいと思う方もいらっしゃると思いますが、今や日本人の10人に1人がやっていると言われているフリマアプリメルカリでも簡単にできてしまうのです。単純に買った価格よりも売る価格が高ければいいだけです。どうしてメルカリでそれが可能かというと、先ほどのユーザーの多さもありその商品を探している人は世の中にたくさんいるからです。人気のあるものはすぐに売れてしまうのもザラにあります。むしろ需要と供給のバランスが崩れ、通常の価格以上に値上がりしているものもあります。値上がりしているのにも関わらず、すぐにその商品は売れてしまいます。せどりができるようになるにはある程度の相場感が必要です。自分はこれが売れそうだと思っていても世間では売れない場合もあります。そういうときはアマコードのアプリで、モノレートを確認すると良いです。このモノレートのジグザグが大きいほどその商品の需要はあります。このアプリを駆使して商品を仕入れて行ければせどりの効率は上がっていきます。メルカリに慣れてきたら次はアマゾンです。アマゾンにはFBAサービスと言われている制度があり、このFBAを使うことでせどりの効率がグンとアップします。それはなぜかというと、FBAというのは商品をアマゾン倉庫に納品するだけで梱包から発送まで全てやってくれるので自分がやるのは価格の調整くらいになります。つまり、仕入れに集中できるようになります。仕入れに集中できる時間が増えればそれだけ多くの利益商品を探せますし、時間を有益に使うことができます。アマゾンFBAには小口と大口がありますが、大口の方が良いです。ただし、大口にすると毎月4900円税別の月額使用料がかかってきます。小口は1つ売れる毎に100円の手数料がかかります。つまり50個以上であれば、大口の方がお得になります。どんなに商品が売れても4900円税別で利用できるからです。それに加え、支払い方法も小口より大口の方が選択肢が増えたり、売り上げレポートが見れたりするので有利です。アマゾンに慣れてきたら大口のFBAをするようにしましょう。このようにせどりは誰でもできるようになります。また、せどりのデメリットは最初にある程度の資金が必要なところです。在庫として商品を買っておく必要があるからです。家の中が商品だらけになる可能性もあります。しかし、小さめの商品を扱ったり、ネットで完結する電脳せどりという方法を使うと、この在庫問題は解決できたりします。自分にあったせどりの方法を見つけることが得策と言えます。商品が売れることによって資金が回るようになってくれば軌道に乗っていきます。アマゾンFBAやメルカリを駆使して商品をどう捌くかが鍵です。うまくコツを掴んで相場感をつければ実生活にも役にたつところがせどりのメリットでもあります。せどりを副業として副収入を得ながら、節約もできれば一石二鳥です。買い占めや悪質転売は言語道断ですが、そうならない程度に適切な範囲でせどりを行い生活にプラスできると良いです。